生理不順の原因であるストレス

生理不順の原因であるストレス

生理不順の原因が分かれば、その原因を取り除き、生理不順を改善することができるでしょう。生理不順を引き起こす原因はいくつか考えられますので、自分はどのようなことが原因で生理不順が起こっているのか、考えてみてはいかがでしょうか。

たとえば、ストレスもその一つです。ストレスによって生理不順が起こっている方は多いと言われています。ストレスは、肉体的なものであっても、精神的なものであっても、自律神経を乱してしまうのです。自律神経が乱れると、脳下垂体という部分に影響を与えて、ホルモンバランスを崩してしまいます。ホルモンバランスの乱れは、生理周期の乱れに繋がるため、生理不順になっているというわけです。

もちろん、一日だけストレスを感じたからと言って、すぐに生理不順に影響するわけではありません。ストレスを長期間に渡って溜め込んだ時に、生理不順へと繋がるのです。自分がどれだけのストレスを感じているものなのか把握できていない方は多いでしょう。自分では、ストレスなんて感じていないと思っていても、体にとっては、大きなストレスであることもあります。

なるべくストレスを感じない生活を送ることは大切ですが、それが難しい場合は、定期的にストレスを解消するように心がけると良いでしょう。