生理不順と薄毛の関係

生理不順と薄毛の関係

更年期になると、生理不順になる女性が増えると言われています。これは閉経の準備でもあるのですが、その際に抜け毛が気になるようになる方もいるのです。そうなると、生理不順と薄毛には何か関係があるのではないかと思うかもしれません。

生理不順が起こるのは、ホルモンの分泌量の変化によるものです。更年期の場合は閉経の準備として、ホルモンの分泌量が今までと変化します。そして、徐々に生理不順の期間が増え、閉経するという流れになります。

このホルモンバランスの乱れは薄毛に影響を及ぼすこともあります。女性の体はデリケートですから、ホルモンの分泌量が変化すると、それが薄毛に繋がることもあるのです。しかし、更年期の生理不順は閉経するまで続くのが一般的ですから、抜け毛に関してはあまりに気になるのであれば、病院を受診するなどして相談してみてください。

また、出産後に生理不順と抜け毛で悩まされることもあります。産後はホルモンバランスがまだ正常には戻っていませんので、すぐに生理は再開されません。そして、ホルモンバランスの乱れにより、産後は抜け毛が増えると言われているのです。自分でも驚くほど髪の毛が抜けてしまうのですが、これは一時的なことですから安心してください。また、生理不順に関しても産後は一時的なことですから、あまり気にしないようにしましょう。