生理不順の原因は遺伝?

生理不順の原因は遺伝?

体質は遺伝する場合もありますので、親が生理不順で自分も生理不順で悩んでいるのであれば、遺伝だと思うかもしれません。しかし生理不順の場合は遺伝というよりは、自分の生活習慣などが原因で起こっている場合が多いのです。

生理不順の原因は大きく言うと、ホルモンバランスの乱れです。ホルモンバランスは日常生活によって乱れることもありますし、整うこともあります。つまり、自分の努力次第でどうにでもなるものなのです。遺伝の場合にはどうすることも出来ないでしょうが、生理不順の場合はホルモンバランスが整えば改善される可能性は充分にありますので、努力することが大切です。

自分で努力しているつもりでも、なかなか生理不順が治らないこともあるでしょう。しかし、それはやり方が間違っている可能性もあります。人によって原因は異なりますので、きちんとその原因を取り除くことが大切です。たとえばストレス、喫煙、睡眠不足、食生活の乱れなど、生活習慣との関わりが大きいのです。自分では問題無いと思っていても、実はそれが生理不順の原因だったということも少なくありません。遺伝だからと諦めるのではなく、もう一度生理不順の原因について考えてみましょう。