産後の生理不順と不妊について

産後の生理不順と不妊について

妊娠をすると一時的に生理が来なくなります。それは当然の事なのですが、産後であってもなかなか生理が再開しないと悩んでいる人もいるかもしれません。しかし、産後に生理が再開しないのは不思議なことでは無いのです。たとえば、授乳している人はホルモンの分泌量が元の状態に戻りにくいため、生理が再開しない場合は多いのです。授乳は赤ちゃんが1歳頃になるまで続けることが多いでしょうから、そのあたりまで生理が来なかったとしても、そこまで気にすることは無いでしょう。

しかし、授乳を終えても生理が来なかったり、生理が来たとしても周期が乱れているようであれば、不安に思うかもしれません。ある程度の期間生理不順の状態が続くのなら、婦人科を受診してみてはいかがでしょうか。特に、二人目の妊娠を希望している場合、生理不順だとなかなか妊娠しない可能性も考えられるのです。生理が来ていれば妊娠できる可能性はあるのですが、妊娠する可能性は低くなりますので、その点は理解しておいた方が良いと思います。

また、産後は精神的に不安定な状態になる人もいるのです。特に1人目の子供となると悩むことも多く、それが理由でホルモンバランスが乱れてしまう場合も多いのです。もし、ストレスを抱えているのであればそれを解消する必要がありますので、誰かに相談したり、時にはゆっくりと休む時間を作るなどして工夫してみましょう。そのような努力をすることでホルモンバランスが整って生理周期が整う可能性は充分に考えられます。

産後生理が来たとしてもすぐに生理周期が整わない場合があります。これは、すぐにホルモンの分泌量が正常に戻るのではなく、バランスが乱れた状態が続くからなのです。しかし、ある程度期間が経てば徐々にバランスが正常になる可能性がありますので、しばらく様子を見てみても良いでしょう。それでも解決しないようであれば、婦人科を受診するなどして医師に相談してみましょう。場合によっては詳しい検査を受ける必要があるかもしれません。万が一のことを考えて医療機関を受診するのも大切なことです。