生理不順の薬を服用すれば妊娠できるようになる?

生理不順の薬を服用すれば妊娠できるようになる?

妊娠したいと思っていても、生理不順で生理周期が安定しないと排卵日などを特定するのが難しく、なかなか妊娠出来ないということもあるでしょう。その場合、生理不順の薬を服用すれば、妊娠できるようになるのか?と期待している女性もいるはずです。

実際、生理不順の薬を服用して生理周期が整い、妊娠できたという女性はいます。生理不順はホルモンバランスの乱れによって起こっていることも多いのですが、薬を服用してホルモンバランスを整えるという方法もあるのです。もちろん、自分で食生活の見直し、充分の睡眠をとる、ストレスを解消する等、生活習慣を見直すことでホルモンバランスを整える方法はあるのですが、それだけでは難しい人が居るのも確かです。その場合、婦人科で検査を受けると薬による治療が必要だと判断される人もいます。

たとえば、ピルのような薬はホルモン剤であり、一定期間服用することでホルモンを補い、生理が来やすくすることができます。それによって生理周期が整ってくれば排卵日なども特定しやすくなり、妊娠しやすい体内環境を作ることができます。妊娠したい場合には、排卵日を把握することが重要であり、高温期と低温期が安定していることもポイントとなります。基礎体温を付けて、それらが乱れていたり、排卵が起こっていないようであれば婦人科での治療が必要になる事もありますので、まずは受診してみてはいかがでしょうか。

生理不順の薬は副作用が生じることもありますので不安に思うかもしれませんが、そのまま放置すればずっと妊娠出来ないかもしれません。それがストレスになって余計に妊娠しづらくなってしまうことも考えられますので、婦人科を受診して治療を受けることでそれが改善されるのなら、受診するべきではないでしょうか。もちろん、必ずしも薬を服用しなければ妊娠できないというわけではありませんので、きちんと考えて、まずは自分が出来ることから実践してみるということもオススメです。