生理不順の薬で太る事はあるのか

生理不順の薬で太る事はあるのか

自分で何とかしたいと思っても、なかなか生理周期が整わず、生理が来ない状態が続くなどのトラブルを抱えている人は、医療機関で薬を処方してもらうという方法もあります。しかし、生理不順の薬について調べてみると、薬を服用したことで太ってしまったという体験談なども見受けられるでしょうから、不安になるでしょう。女性はダイエットにチャレンジしている人も多いようですから、それだけ普段から体重を気にしている傾向にあるのではないでしょうか。生理不順の薬を服用したことで太るのなら、その治療は避けたいと思ってしまうかもしれません。

確かに、生理不順の薬の中には、服用したことで太りやすくなるものはあります。しかし、必ずしも太るわけではありませんし、食生活を気を付けたり、運動を取り入れることで体重の増加を防ぐことはできますので安心して下さい。

では、どういった薬を服用することで太ってしまう可能性があるのかと言うと、ピルになります。ピルは避妊薬でもありますが、ピルは体内の水分を溜め込むという特徴がありますので、どうしてもむくみやすくなってしまうのです。体重としてはそこまで太っていなかったとしても、むくみによって余計に太って見えてしまうでしょうから、それが気になる人もいるはずです。

むくみが気になるのなら、マッサージをするという方法もあります。マッサージによって、体内の水分の排出を促進することが出来れば、体もすっきりとするでしょうし、美肌効果なども期待できます。それと同時に、軽い運動を取り入れたり、太りやすい食べ物を避けて、野菜などを多く摂りいれるといった事を行ってみましょう。そうすれば、太るどころか反対に痩せる可能性すら挙げられます。

なので、最初から太ると思って、薬による生理不順の治療を避けるのではなく、まずは医師に詳しい話を聞いたり、検査を受けたりしてみてはいかがでしょうか。そうすることで、安心して治療が受けられるかもしれません。