生理不順で憂鬱な状態が続く場合

生理不順で憂鬱な状態が続く場合

生理不順の人は、精神的にも辛い状態に陥ることが多く、憂鬱になりやすいと言われています。生理不順はホルモンバランスの乱れから起こるのですが、ホルモンバランスの乱れによって精神的にも悪影響を受け、気分が暗くなってしまう事も考えられますので、女性にとっては余計に辛いでしょう。

生理不順で憂鬱な状態が続く場合は、できるだけ早くホルモンバランスを整えることがポイントです。出来るだけ毎日気分転換できることを実践したり、自分が好きな事をしたり、充分な睡眠をとったり…等、色々と日々努力することで気分も明るくなる事がありますので、まずはそういったことから実践してみると良いでしょう。ストレスからホルモンバランスが乱れて生理不順が起こったり、憂鬱になったりということもありますが、ストレスを解消することでそれが改善される事もあるのです。なので、日々ストレスを解消する方法を実践することを意識してみましょう。

また、うつ病からホルモンバランスが乱れて生理不順を引き起こすこともあります。うつ病は当然憂鬱で気分が落ちこんだ状態が続きますが、自分自身でうつ病であることに気付きにくいという特徴があるのです。もし、憂鬱な状態が続いたり、その他にもおかしいと思われる症状があったり、周囲の人から指摘される事があるのなら、精神科などを受診してみてはいかがでしょうか。

また、生理不順の治療を受けている場合、ピルといった薬を服用することで憂鬱になってしまう事もあると言われています。これはピル独特の副作用ですので仕方がない事だと言えるでしょうが、もしそれが辛いと感じるのなら医師に相談してみましょう。そうすれば、もっと軽い薬を処方してもらえるかもしれません。生理不順は簡単には改善されにくいですから、余計に憂鬱になりやすいのですが、治療をすることはできますので諦めずに続けてみましょう。